スポンサード リンク


返済不要の助成金・補助金を使わない手はない!

個人事業,独立起業,助成金,返済義務,メリット

 

独立開業のための資金計画において、ぜひとも知っておきたいのが「助成金」についてです。(補助金・交付金・奨励金といった呼ばれ方もありますが、同じようなものとして考えてOKです。)

 

そもそも「助成金っていったい何?」という方や、「助成金という言葉自体を知らなかった」という方もいらっしゃると思います。

 

助成金とは、厚生労働省や経済産業省、ハローワーク、地方自治体などが取り扱っている支援金のことをいいます。

 

大きく分けて2つの種類があり、1つは厚生労働省が行っている雇用関係の助成金で、雇用対策や地域活性化のための事業を行う事業主の助成を主な目的としています。

 

2つめは経済産業省が行っている事業系の助成金で、新製品開発、試作など国内における新事業創生や産業の活性化を目指しています。

 

そして、とくに注目すべきポイントは、「返済義務がない」ことです。これは大きなメリットです。

 

助成の種類によっては、利益に応じて返済を求められる場合もありますが、原則として、審査に通りさえすればタダでもらうことができます。

 

起業時に助成金を受給できたことで、その後の事業が無事に軌道に乗ったという事例も数多くあります。

 

助成金の制度自体はあまり知られていませんが、このような仕組みを賢く利用して、会社経営に活用していくとよいでしょう。

 

ただし、それぞれ窓口となる機関が異なり、手続きについても複雑でわかりにくいことが多いようです。要件を満たしていても、申請の時期を見逃してしまう場合もあります。

 

自分ですべてを行うよりは、社会保険労務士や中小企業診断士、行政書士などの専門家に依頼するのがいいでしょう。

 

助成金の財源は?

 

「返済義務がないのに助成金はどこから出ているんだろう?」という疑問も生まれてくるでしょう。

 

実は、助成金の財源は、会社が国に支払う「雇用保険料」の一部で賄われています。年間約2000億円です。

 

したがって、雇用保険に加入している人は、助成金を受給する権利があります。反対に、雇用保険に加入していない場合は、助成金の受給対象外となってしまうので注意しましょう。

 

また、雇用保険に加入していても、保険料を長期間滞納していた場合には、助成金が受給できないケースもあります。

 

 
スポンサードリンク