スポンサード リンク


売掛帳と買掛帳とは?

事業の形態によっては、売掛金と買掛金が発生することがあります。

 

売掛金とは、商品を売ったのにまだ代金を回収しておらず、取引先に販売代金を貸し付けている状態をいいます。

 

一方で買掛金とは、商品を仕入れたのにまだ代金を支払っておらず、取引先から代金を借り入れている状態をいいます。

 

このような取引は「掛け取引」と呼ばれます。どちらも、商品の動きとお金の動きにタイムラグがあるのが特徴です。売掛金や買掛金は、実際に現金のやり取りが行われたときに消滅します。

 

このような掛け取引を記録しておくのが、売掛帳買掛帳です。サンプルや書き方は以下を参照ください。

 

なお、売掛金や買掛金は、相手との信用のうえに成り立つものです。管理を怠っていると支払い漏れなどのトラブルを起こし、信用を失う結果になるので注意しましょう。

 

売掛帳の記入の仕方

 

個人事業,開業手続き,売掛帳,買掛帳,書き方

 

・日付欄には取引が発生した日付を記入する
・科目や明細には取引の内容を記入する
・備考欄には請求した日付などを記入しておく

 

買掛帳の記入の仕方

 

個人事業,開業手続き,売掛帳,買掛帳,書き方

 

・日付欄には取引が発生した日付を記入する
・科目や明細には取引の内容を記入する
・備考欄には請求された日付などを記入しておく

 

買掛金と未払金の違いは?

 

よく買掛金と未払金については同じもののように扱われがちですが、中身はまったく違うものです。

 

買掛金は、販売する商品や原材料を仕入れたときの代金です。未払金は、仕入以外の代金を指すときに使われます。

 

つまり、本来の営業取引によるものは買掛金で、それ以外のものは未払金(未収金)などといいます。

 

 
スポンサードリンク