スポンサード リンク


個人事業主の開業準備記事一覧

独立に向けて開業することを決めてから、実際に開業するまでには約1年間かかるといわれています。これは業種にもよりますが、一般的には1年間の準備期間が必要になります。ただし、以下のような点には注意しておかなくてはなりません。場合によっては大幅に準備期間がかかってしまうことも考えられます。資格を取得する場合はどれくらいの時間がかかるのか開業資金を集めるための時間はどれほどかかるのか店舗の工事(内装工事の...

晴れて開業することになったら、親しい友人や今までお世話になった人などに開業の挨拶状を出しておくとよいでしょう。前の取引先や職場の同僚も、あなたの成功を祈って喜んでくれるはずです。開業の挨拶状には、とくに決まった形式があるわけではありません。本当に親しい人なら要点を書くだけでよいですし、丁寧に改まって書いてもかまいません。封書、はがき、メールなども問いません。ただし、報告をする際は、「どのような仕事...

個人事業開業に向けた準備が整ってきたら、できるだけ早めに現在の職場を退職する準備をしましょう。いつまでも悩んでいると退職する決意が薄れてしまい、独立への夢が遠ざかってしまいます。退職のスケジュール法律上は、退職日の2週間前に辞意を伝えれば問題ないとされています。しかし、それではあなたの常識を問われかねないので、一般的には1ヶ月前までに伝えるのが礼儀です。ただし、業種によっては引き継ぎ資料の作成など...

退職後にはさまざまな手続きが必要になりますが、なかには一定の期間以内に行わなければならないものもあるので要注意です。とくに「国民健康保険」と「国民年金」については、退職日の翌日から14日以内に手続きを行わなければなりません。わからないことも多いかもしれませんが、給付は自分から請求しなければもらえません。相談窓口などを活用してすばやく行動しましょう。退職後の健康保険の手続き退職後に次の就職先が決まっ...

実際に独立に向けて開業準備を進めていくと、はじめての経験ばかりで、さまざまな問題に直面することと思います。開業後もわからないことがいっぱいで不安になります。とくに、帳簿の記帳、税金・確定申告の手続き、特許・商標登録の出願などについては、苦手(あるいはまったくわからない)という方がほとんどではないでしょうか?独学で勉強して、全て1人で対処するという強靭な精神力を持っている方もいますが、どうしても時間...

個人事業を開業する業種によっては、役所や行政官庁の許認可(許可・認可・届出・登録など)が必要になります。せっかく退職して決意をもって開業しても、これを知らないと事業をスタートさせることができません。手続きをしないままでは罰金などが科されてしまい、場合によっては営業停止処分を受けることも考えられます。また、許認可が下りないと融資が受けられない場合もあります。許認可が必要な業種については以下でまとめて...

開業するときの場所について考えるときは、まず自宅起業を検討してみましょう。自宅開業のメリット独立する場合はどうしても資金やコストがかかってしまいます。とくに開業して間もない時期は、売上の見込みが立てにくいため、家賃や人件費などの固定費が大きく圧迫することになります。この点、自宅開業なら新たにオフィスを借りる必要がなくなるため、かなりの経費を抑えることができるようになります。事業を継続していけるよう...

開業するときの重要な要素のひとつが開業場所の選定です。事業が成功するか失敗に終わるかどうかにも大きく関わってきます。さまざまな理由で自宅をオフィスにすることができない場合は、一般的には不動産屋を通じて物件を借りることになります。家賃や敷金・礼金の他に、仲介手数料などの費用がかかるので計画しておきましょう。100%満足のいく物件を見つけることは大変なので、時間をかけてでも良い場所を探してください。有...

個人事業主が店舗を開設する際に必要になるのが「屋号」です。法律上は「商号」と呼びます。屋号とは、簡単に言うとお店の名前なのですが、どのようにして決めればよいのかわからない人も多いようです。屋号をつけなくても法的には問題ありません。カメラマンなどのフリーランスで活動する個人事業主は、屋号をつけていないことも多いです。しかし、つけておいたほうが便利でいろいろなメリットを得やすくなります。なお、法人とし...

商品の仕入れが終わったら、続いて売値を決めていかなければなりません。多くの人は、できるだけ利益が出るように、高い値段を設定しようと考えるかもしれません。しかし、あまりにも高すぎると売れませんし、反対に安くしすぎると利益がでなくなります。ちょうどいいバランスで値付けをしていく必要があるのです。マージン率を参考に値付けしよう売値の決め方にもいくつかの種類がありますが、通常は、商品の仕入値に一定の「マー...

販売業などの場合は、仕入が事業の命運を左右するといっても過言ではありません。最近では、消費者も安く手に入ればなんでも良いというのではなく、商品の出所を意識するようになっています。スーパーの食料品売場を見ても、産地や生産者名を表示するようになりました。いい仕入先を見つけてうまく確保することで、扱う商品の品質を一定に保つことができ、競争力もついてきます。商品の仕入先というとまず思い浮かぶのは、問屋や卸...

特許とは、実用新案や意匠権、商標などとならんで、発明者に独占的・排他的な権利を与えるというものです。その発明を公開することで、さらなる技術の進歩を促進させる目的で制定されました。もし他人がその技術を使用したいという場合には、権利者に多くの使用料を払う必要があります。逆に言えば、自分が特許を取得していれば、多額の使用料が収入として入ってくることになります。とは言え、特許というのは誰でも簡単に取得でき...