スポンサード リンク


福利厚生費の節減方法

個人事業,経費節減,福利厚生費,経費

 

従業員が求めている福利厚生を見極める

 

住宅取得支援、レクリエーション補助、研修費補助、子育て支援など、さまざまな手厚い福利厚生は魅力的ですが、なんでも支出してしまうと会社がもちません。

 

従業員が求めている福利厚生は何なのかをよく調べ、重点的でない分野の支出は思い切って削減することも必要です。

 

従業員旅行の廃止を検討する

 

観光地や温泉地などへの社員旅行は、従業員同士の親睦を深めて意思疎通を円滑にするなど、一定の効果が見込めます。

 

しかし、近年では社員旅行を待ち望んでいるケースは少なくなっており、かかる費用に比べて期待できる見返りは薄くなっています。

 

とくに旅行は、拘束時間が長くなるのも嫌われる要因の1つとしてあげられています。簡単なパーティー形式にするなど、拘束時間を短いものに変えていくといいでしょう。

 

子育て支援を充実させる

 

年々レジャーが多様化しているため、レクリエーション補助へのニーズは低下しています。一方で、共働き世帯が増加しており、働き続けるための子育て支援を求める従業員は増えています。

 

子育てで離職して生産性を落とさないために、子育て支援を充実させていきましょう。

 

従業員を少なくする

 

正社員やパート・アルバイトは、会社が直接雇用しているので、各種保険料の事業主負担が生じ、法定福利費もかかります。

 

そこで、業務の一部を外部委託(アウトソーシング)にしたり、外注をうまく利用して従業員を少なくする方法が有効です。

 

 
スポンサードリンク