スポンサード リンク


経費節減のワザ記事一覧

固定費となっている交際費から見直す交際費のなかには、月々・年々自動的に支出されているような固定的なものがあります。売上高に貢献しているのであればいいのですが、売上増加に影響しないようであれば、思い切って見直すことが大切です。事業が成長していくにつれ、前例的になったり部門ごとの既得権益が横行してしまうケースがあります。経営者自身が襟を正していきましょう。費用対効果を測定する交際費の支出が、翌月の売上...

蛇口からの流量をしぼる水の節約法として、蛇口からの水量を少なくするために、パッキングを「節水コマ」に替える方法があります。蛇口を全開にしない限り、普通の水量は出なくなります。流水擬音装置を設置する女性の場合、消音のためにトイレで水を流しながら使用するケースが多いようです。当然ながら、その分水を使用してしまいます。そこで「流水擬音装置」を設置しておけば、本当に使用する水は最後の1回で済みます。TOT...

電話をかける前に話す内容を整理する基本的なことですが、電話をかける前に、どのようなことを話し、相手からどのようなことを聞かなければならないのかをメモにして整理しておきましょう。通話時間を節約するだけでなく、要点を伝えることで相手にもわかりやすくなり好印象となります。複雑な回答はメールやFAXでお願いする即答できない、あるいは回答を考えながら話す内容については、メールやFAXで送ってもらったほうが通...

仕入方針を確立する商品を仕入れたから売る、というだけではなかなか顧客に相手にされません。顧客のニーズをよく調べ、売れるものが何かを見極めて仕入れるのが基本です。販売政策をきちんと立てて、それに適した仕入先や仕入商品の選別をして、売れる商品を見つけていきましょう。利益を意識して仕入れる商品によって粗利益率は異なります。売り上げが伸びても、粗利益率が低い商品ばかりが売れていれば、利益は思うように上がり...

ムダな出張を減らしていく製品の情報提供には、面談してコンタクトをとるスタイルも必要ですが、他に効率的な方法はできないか検討していきましょう。メールでやり取りできるのであればメールで済ませます。クロージング比率をチェック出張回数を減らしているつもりでも目標が達成できない場合、クロージング比率(成約件数/出張回数)の変化をチェックしてみましょう。ターゲット顧客を絞り込む見込み客の選定を間違えると、出張...

信頼できる不動産業者を探す地元密着で何十年も同じ場所で営業している不動産業者を探します。歴史があって評判がよく、信頼できる不動産業者であれば、賃借人の立場に立って契約の交渉をしてくれます。賃貸料の交渉は不動産業者に任せる家賃の交渉も事業主自身が行っている場合がありますが、プロである不動産業者に任せてしまうほうが安心です。不動産業者は近隣の家賃の相場をよく知っているので、現在の家賃が相場に比べて高い...

高圧的な値引き交渉をしない利益を確保するために、協力先に一方的なコストダウンを強制してしまうケースがみられます。しかし、高圧的な値引き交渉をしても、受注先が値引きによる損失分を取り戻そうと、見積もり時に値引き分を上乗せしてくる可能性があります。お互いの信頼度も下がるので、高圧的な態度はやめましょう。外注先選定に試作品を作らせる外注先を選定するためには、まず試作品をつくらせて品質を見極めることが重要...

従業員が求めている福利厚生を見極める住宅取得支援、レクリエーション補助、研修費補助、子育て支援など、さまざまな手厚い福利厚生は魅力的ですが、なんでも支出してしまうと会社がもちません。従業員が求めている福利厚生は何なのかをよく調べ、重点的でない分野の支出は思い切って削減することも必要です。従業員旅行の廃止を検討する観光地や温泉地などへの社員旅行は、従業員同士の親睦を深めて意思疎通を円滑にするなど、一...