スポンサード リンク


個人事業開業に必要な手続き記事一覧

個人事業を開業したら税務署などへの届出が必要になってきます。「個人事業の開廃業等届出書」にはじまり、従業員の雇用の有無などにより、いくつかの届出が必要となります。ただ、法人の場合の手続きに比べると圧倒的に楽なのであまり心配しなくてもかまいません。開業に関しての届出は、大きく分けて「税金に関するもの」と「雇用や社会保険に関するもの」の2種類があります。書類の提出先は税務署、労働基準監督署、ハローワー...

個人事業を開業したら、開業日から1ヵ月以内に事業開始を申し出なければなりません。そのときに必要になる書類が「個人事業の開廃業等届出書」です。これまでは会社員として会社を通じて税金を支払っていましたが、開業後は事業主として直接税金を納めることになります。提出先は納税地の税務署(自宅住所のある場所を管轄する税務署)になります。なお、提出期限は1ヵ月以内となっていますが、実際には期限を過ぎても受理されま...

確定申告に向けて決算書を作成する際に必要となるのが「たな卸資産」と「固定資産」の資産価値の確定になります。たな卸資産たな卸資産とは、期末に商品の一部が在庫として売れ残ったものをいいます。次の年も販売するわけですから、確定して評価しなければなりません。在庫の評価方法には、「原価法」と「低価法」の2種類があります。原価法仕入れた原価に基づいて算出する方法です。個別法、移動平均法、総平均法、売価還元法、...

確定申告には青色と白色の2つがある確定申告とは、1年間の事業所得を税務署に報告して、所得税を納めることをいいます。この確定申告には「青色申告」と「白色申告」という2種類が用意されています。白色申告は帳簿づけが簡単ですが、青色申告は法で定められた内容の記帳をしなければなりません。その代りに税制上のメリットが多く得られます。青色申告の最大のメリット一般に「65万円控除」と呼ばれるもので、税金を算出する...

青色申告をしている事業主は、仕事を手伝って一緒に働いている家族が「青色事業専従者」と認められれば、支払う給与が全額必要経費として計上することができます。必要な手続きも簡単で、開業後2ヶ月以内に「青色事業専従者給与に関する届出書」を税務署に提出するだけです。ただし、家族従業員が青色事業専従者と認められるためには以下のような条件があります。青色事業専従者の要件青色申告者(事業主)と生計を一にする配偶者...

会社に雇われているサラリーマンなら、「源泉徴収」についてはよくご存知ではないでしょうか?なんだか分かりにくいイメージがある源泉徴収ですが、簡単に言うと、会社が従業員に代わって所得税を納税する徴収のシステムのことです。個人事業主が自分一人で仕事をしていくのなら、源泉徴収義務者の届出は必要ありません。しかし、事業を続けていくために、パートやアルバイト、青色専業専従者などの従業員を採用した場合は、今度は...

個人事業主1人だけで事業を続けていく場合は関係ありませんが、従業員を雇い入れることになった場合、労働保険の加入手続きが必要になります。労働保険の加入は事業主の義務となっています。なかには、保険料の負担を嫌がって、労働保険への加入を怠る事業主もいるようです。しかし、労災事故(業務中や通勤中の事故)があった場合に、補償問題が発生しますので、忘れずに届出を済ませましょう。従業員が安心して働ける職場環境に...

従業員を雇ったら労災保険に加入しなければならないことは説明しましたが、もう1つ「雇用保険」の加入手続きも忘れずに。雇用保険とは、労働者が失業したり、退職した場合に生活をサポートするための給付制度です。失業保険とも言うので、こちらのほうが聞きなれているかもしれません。雇用保険の保険料は、事業主と従業員がそれぞれ負担するという仕組みになっています。ハローワークに2つの届出をする雇用保険の手続きは、ハロ...

給与支払事務所等の開設届出書のページでも解説しましたが、従業員を雇い入れて給料を支払うようになると、事業主は所得税を納める義務を負います。この源泉徴収した所得税ですが、支払日の属する月の翌月10日までに、金融機関などで納めなければなりません。しかし、毎月納付するのは手間がかかります。忙しい個人事業主にとっては、この時間も無駄にはしたくないでしょう。そこで、「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請...

個人事業主に必要な帳簿はいくつかありますが、現在ではすべてをパソコンで管理することも珍しくはなくなってきました。パソコンの会計ソフトも、使いやすいものがどんどん販売されているので、簿記や数字が苦手という事業主でも、簡単に帳簿を作成することができるようになっています。会計ソフトであればコンピュータが自動的に計算、転記処理をしてくれるので、計算ミスもなくなります。従来の紙による帳簿の場合、用紙代もバカ...