二重敬語とはどのようなものか

「ビジネスマナーを身につけて評価アップ!」TOP > 二重敬語の例と正しい敬語



スポンサード リンク

いつの間にか使っている二重敬語に注意

社会人として敬語を使おうとする意気込みは素晴らしいものですが、 正しい敬語を使わないとかえって印象を悪くしてしまいます。

そのひとつが「二重敬語」と呼ばれるものです。 二重敬語とは、ひとつの単語について、同じ種類の敬語を二重に使った間違いをいいます。

「おっしゃる」「お越しになる」「おいでになる」「ご覧になる」などは すでに敬語になっていて十分なのですが、さらに「...れる」という尊敬語を加えてしまう人が多くいます。

上司などの地位の高い人に対しては、丁寧に言おうとするあまりに、 つい敬語をいくつも重ねてしまいますが、それによって敬意が高まるわけではありません。

二重敬語を使ったからといって相手が不快に感じることはほとんどないと思われますが、 まわりくどい印象を与えてしまいます。

社会人であれば、言葉の区別をきちんとして正しい敬語が使えるようになりたいものです。

誤った二重敬語の例

×社長がおっしゃられていました
社長がおっしゃっていました

×先生がお越しになられました
先生がお越しになりました

×先輩がお帰りになられました
先輩がお帰りになりました
先輩が帰られました

×会見をご希望になられています
会見を希望されています

×部長がご覧になられました
部長がご覧になりました

×ご注文をお承りしました
ご注文を承りました
ご注文をお受けしました

また、役職を示す言葉は、どれも地位があるという意味で、その言葉自体がすでに敬語となっています。 したがって、会長、社長、部長、課長、係長に「様」を付け加えて「社長様」というのも二重敬語になり誤りです。

慣例として定着している二重敬語の例

以下は二重敬語になっていますが、習慣または慣例として定着しているため、 使用してもよいと考えられています。

・お召し上がりになる
「食べる」→「召し上がる」と、「お~になる」を二重に使用しています。

・お伺いする
「聞く」→「伺う」と、「お~する」を二重に使用しています。

二重敬語ではなく、敬語連結の例

以下に紹介しているものは、二つ以上の語をそれぞれ敬語にして接続助詞「て」でつなげているため、 「二重敬語」ではありません。

このようなものは「敬語連結」と呼ばれており、基本的に許容されています。
(個々の敬語の使い方も適切です。)

・お読みになっていらっしゃる
「読む」→「お読みになる」、「いる」→「いらっしゃる」 という具合にそれぞれ別々に尊敬語にしてつなげています。

・お読みになってくださる
「読む」「くれる」をそれぞれ別々に尊敬語にしたものです。

・お読みになっていただく
「読む」を尊敬語に,「もらう」を謙譲語にしたものです。

・ご説明申し上げる
「説明」と「言う」をそれぞれ別 々に謙譲語にしています。

スポンサード リンク