挨拶(あいさつ)はビジネスマナーの基本

「ビジネスマナーを身につけて評価アップ!」TOP > 挨拶はビジネスマナーの基本



スポンサード リンク

気持ちのいいあいさつで円滑なビジネスライフを

あいさつはコミュニケーションの基本であり、とくにビジネスの場においては重要な役割を果たしています。 学生時代にもあいさつは必要でしたが、社会人になるとあいさつへの目がより厳しくなるのです。

あいさつは職場の評価・信頼にも大きな影響を与えており、将来のビジネスキャリアにも直結してきます。

あいさつがしっかりと出来ていない人というのは、それだけで大きなチャンスを逃していることになるのです。 ここでは、あいさつがよくできていない人のために、好印象を与えるポイントを紹介しています。

あいさつの仕方と評価の事例

●元気で気持ちのいいあいさつをした

  • 同僚からの人望が厚くなる
  • ビジネスキャリアを積んで昇進へ
  • 取引先から好印象をもたれ契約もスムーズに

●小さい声で相手の目を見ないであいさつをした

  • 同僚から暗く愛想のない人と思われ、付き合いが悪くなる
  • 上司からの評価が急降下
  • 取引先からの評価も落ち、会社の関係が悪くなる

好印象をもたれるあいさつのポイント

ポイント1 笑顔で明るく
職場の雰囲気を明るくするような笑顔のあいさつを心がけましょう。また、相手に聞こえなければ意味がないので ハキハキとした声を出すようにしましょう。ボソボソと小さな声でのあいさつは上司の怒りを買うことに!

ポイント2 自分から積極的に
相手のあいさつを待つのではなく、自分から気付いたときに声をかけるようにしましょう。とくに、上司に先にあいさつを させるようなことはあってはなりません。

ポイント3 すべての人にあいさつ
面識がない他の部署の人にもあいさつをすると、オフィスの雰囲気が明るくなります。配送や清掃に来てくれる人にも あいさつができるようになるとなおいいでしょう。

ポイント4 あいさつに一言追加を
「昨日はお疲れさまでした」などの一言を付け加えるとよりよい印象をもたれます。

ポイント5 毎日続けて習慣化しよう
評価のために会社内だけあいさつを続けるよりは、普段の生活から自然に習慣化できるようにしていきましょう。

こんなときはどんなあいさつを使うべき?

あいさつといっても様々な言葉があります。ここでは社内編と社外編に分けて、ケーススタディで ふさわしいあいさつを紹介しています。いざとなったときに慌てないように覚えておきましょう。

社内編

●出社した時
→(大きな声で)おはようございます

●外出する時/帰社した時
→行ってまいります/ただいま戻りました

●用事を頼む時
→お手数ですがお願いいたします

●用事を頼まれた時
→かしこまりました

●会議室などに入退室する時
→失礼いたします(ました)

●同僚が帰社した時
→お帰りなさい/お疲れ様でした

●同僚以外の人に会った時
→お疲れ様です

●退社する時
→お先に失礼します

社外編

●訪問先のオフィスに入る時
→ごめんください/失礼いたします

●訪問する相手に会った時
→おはようございます/いつもお世話になっております

●相手が訪ねてきた時
→いらっしゃいませ

●依頼を受けた時
→かしこまりました/承知いたしました

●お礼を言う時
→誠にありがとうございます

スポンサード リンク